ここから本文です

「Yahoo!カテゴリ」終了 ディレクトリ型検索、22年で幕

6/29(木) 13:51配信

ITmedia NEWS

 ヤフーは6月29日、1996年の創業時から続けてきたディレクトリ型検索サービス「Yahoo!カテゴリ」を2018年3月29日に終了すると発表した。ロボット検索が主流となり、「一定の役割を終えた」としている。

【画像:1996年当時のYahoo!カテゴリ】

 Yahoo!カテゴリは、「サーファー」と呼ばれるスタッフが手作業でサイト情報を収集し、「エンターテインメント」「メディアとニュース」などのカテゴリに分類して登録するサービスで、1996年4月1日のYahoo!JAPANサービス開始にスタート。当初約1万5000サイトを登録しており、現在は約80万サイトに増えているという。

 ネット黎明期は検索サービスの主流だったが、サイト数が爆発的に増加する中で人の手による情報収集・登録作業は難しくなり、サイトをクローリング・自動収集する「Google検索」のようなロボット検索が主流に。また、SNSの成長により、SNS検索の利用も増えている。こうした流れの中「ディレクトリ型検索も一定の役割を終えた」とし、サービス終了を決めたという。

 Yahoo!カテゴリの審査・登録期間を短縮する有料サービス「Yahoo!ビジネスエクスプレス」も17年7月31日に販売を終了する。

最終更新:6/29(木) 13:52
ITmedia NEWS