ここから本文です

坂上忍、暴言議員派閥ボスに怒り「あまりに豊田さんに偏りすぎ」

6/29(木) 13:31配信

デイリースポーツ

 俳優の坂上忍が29日、フジテレビ系「バイキング」で、元秘書への暴言、暴行で自民党を離党した豊田真由子議員の派閥のリーダー・細田博之自民党総務会長について「豊田さんを守ることに終始するって、納得できない」と痛烈に批判した。

 番組では、新たな音声データが発覚した豊田真由子議員の暴言、暴行のニュースについて議論。その中で、豊田議員が所属した細田派のリーダー・細田総務会長の説明も取り上げた。細田会長は「色んな事情がある」「(元秘書が)高速道路を逆走したと聞いている」などと説明したが、坂上は「細田さんのあの会見見ましたけど、あのお立場で、あまりにも豊田さんに偏りすぎた意見言うのって、いかがなもんだろうと普通に思っちゃう」と納得いかない表情。

 ゲストの徳光和夫も「なんでこれほどまでにかばうのか。やはり期待の星だったから?」と首を傾げると、坂上は「期待の星だったら、逆にもっとちゃんと事実明らかにして、ダメなものはダメ、ごめんなさいと。でもこれから頑張らせて下さいなら分かるが、なんか、にごすわ、隠すわっていう方向に行っちゃってる」と批判。

 そして「加害者と被害者の図式で考えたら、豊田議員の方が危害を加えている状況。なのに細田さんは加害者かもしれない豊田さんを守る方向に終始するって、納得いかない」と、ぶ然としていた。