ここから本文です

斎藤工、監督としてトレエン斎藤に微妙なオファー 「ぜひ、次々回に」

6/29(木) 15:09配信

デイリースポーツ

 俳優の斎藤工(35)と、トレンディエンジェルの斎藤司(38)が29日、東京・千代田区内のホテルで行われた求人検索「indeed」の新CM発表会に出席した。イベントでは初共演ながら、以前から交流がある2人。映画監督としても活動している工から司へ、「次々回に」という微妙な出演オファーがあった。

【写真】斎藤司のビフォーアフター

 以前から映像制作活動を行っていた工の長編監督デビュー作「blank13」(高橋一生主演)は来年2月3日に公開される。上海国際映画祭のアジア新人賞部門で、最優秀監督賞を受賞したことも話題になったが、注目点の一つはそのキャスト。高橋や、リリー・フランキー、松岡茉優、佐藤二朗や斎藤工自身といった顔ぶれに加え、野性爆弾のくっきー、永野、ラバーガールの大水洋介、昼メシくんら、多くの芸人が起用されている。

 「司さんは呼んでないですけど。理想的なキャスティングでしたね」と振り返った工は、不満そうな司に「ぜひ、次々回に」と、かなり先になりそうなオファーを出した。「次々回?!呼んでよ、絶対に」と食い下がる司に「現場には呼びます」と、演者であるとは明言せず。「ムードメーカーかい!」と突っ込まれていた。

 2人は「斎藤さん会」を作ろうとも話しているというが、日本人的な社交辞令の段階で終わってしまい、現在は実現に至っていない。「斉藤由貴さんとか。(斎藤)洋介さんとか」(工)、「壇蜜さんもそうなんで。本名が」(司)と夢ばかりが広がるが、具体的にどちらが行動を起こすか、という話には2人とも及び腰に。結局、「ジャンポケ(ジャングルポケット)の斉藤から」(司)と、身近なところから一歩目を踏み出すことになりそうだった。