ここから本文です

【楽天】青森での29年ぶり公式戦、梨田監督通算750勝!

6/29(木) 6:05配信

スポーツ報知

◆楽天3―2オリックス(28日・弘前)

 楽天が、29年ぶりに青森県(弘前市)で開催された1軍公式戦でオリックスに1点差勝利。梨田監督は「初めてのゲームで勝ちたかったので安心したしホッとした」と何度もうなずいた。

 昨年7月23日、ここ弘前でイースタン・日本ハム戦に初実戦で出場し満塁弾を含む2本塁打を放ったペゲーロが、初回に先制の17号を放ち「良いイメージで打席に入れたよ。青森ダイスキ!」とにっこり。チーム唯一の青森出身の細川は移籍後初先発で初安打もマーク。誰よりも大きな歓声を受け「すごい声援は聞こえていた。勝ち試合を見せることができてよかった」と笑顔を見せた。

 貯金は今季最多の22となり、梨田監督は史上17人目となる通算750勝を飾った。「首位とかは意識せずに挑戦者としてやっていきたい」と指揮官。30日から1差のソフトバンクとの首位攻防3連戦(コボパーク)へ向けて、青森の地で大きな後押しを受けた。(安藤 宏太)

 ◆プロ野球1軍公式戦 

 青森県で試合が行われたことにより、平成に入って未開催の都道府県は三重、奈良、和歌山、島根、徳島、高知の6県になった。最もブランクが長いのは奈良県で1958年が最後。

 ◆青森県でのプロ野球 

 1949年までは一度も開催がなかった。2リーグ分立で試合数が倍増した50年にセ・パ合わせて7試合。同年6月28日の青森市営球場が同県最初のゲーム。変則ダブルで第1試合は松竹・広島戦、第2試合は巨人・西日本戦。

最終更新:6/29(木) 6:05
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報