ここから本文です

Salyu、ビートにフィーチャーしたビルボード単独公演

6/29(木) 18:01配信

音楽ナタリー

Salyuが6月26日に東京・Billboard Live TOKYO、28日に大阪・Billboard Live OSAKAにてライブ「Salyu Live 2017 in Billboard Live」を開催した。ここでは2日間で計4公演が行われたこのライブのうち、26日の1stステージの模様をレポートする。

【写真】「Salyu Live 2017 in Billboard Live」東京・Billboard Live TOKYO公演の様子。(Photo by Taku Fujii)(他7枚)

この日は名越由貴夫(G)、皆川真人(Key)、ヤマグチヒロコ(Cho)を迎えた編成でライブを実施したSalyu。静かにステージに現れると幻想的な雰囲気の中、Lily Chou-Chou名義でリリースした「飽和」、サンプラーを使ったsalyu × salyu名義の楽曲「ただのともだち」、Ilmari × Salyu名義でのデビューシングル「VALON」を歌唱する。「VALON」ではシングルでIlmariが担当していたパートをヤマグチがラップする、この日ならではのアレンジで届けた。

3曲を終えるとMCへ。彼女はこの日の参加メンバーについて「心から信頼できるメンバー」とし、「ビルボードライブでは今までやったことのないSalyuの世界観でやらせてもらえたら思い、ビートにフィーチャーしたライブを用意させていただきました」と説明してライブを再開させた。

その後も、彼女は哀愁漂うメロディが印象的な「リスク」、深みのある低音が響き渡った「landmark」といった楽曲を丁寧に届けていく。終盤にはそれまでの静かなムードから一転、「夜の海 遠い出会いに」では力強いビートに乗せて熱唱し、「My Memory」ではエレクトロなサウンドで高揚感を煽っていった。

終盤、Salyuは「私たちは楽しかったですけど、食事しながら聴くのはどうだったかな……?」とファンを気遣いつつも「新しい挑戦をさせてもらえました!」とすがすがしい表情を浮かべる。そして最後に「この季節にぴったり」と説明して「THE RAIN」を演奏。疾走感あふれるビートと迫力あるSalyuの歌声が、壮大なフィナーレを彩った。

アンコールではSalyuが「『愛のバラードがあんまり聴けなかった』と思う人もいると思うので」と言い、ライブ定番曲のバラード「Lighthouse」を丁寧に届ける。途中からステージ後方のカーテンが開き、ファンは夜景をバックに彼女たちの演奏を堪能した。そしてステージをあとにしようとすると、ファンから「もう1曲!」と言うリクエストの声があがる。するとSalyuがアカペラで挑もうとするも、名越と皆川に「できる?」と声をかけ、急遽「回復する傷」を演奏。ファンを喜ばせてライブの幕を下ろした。

Salyu Live 2017 in Billboard Live
2017年 Billboard Live TOKYO セットリスト
01. 飽和
02. ただのともだち
03. VALON
04. リスク
05. 体温
06. landmark
07. 夜の海 遠い出会いに
08. My Memory
09. s(o)un(d)beams
10. THE RAIN
<アンコール>
11. Lighthouse
12. 回復する傷

最終更新:6/29(木) 18:01
音楽ナタリー