ここから本文です

シェイクシャック、国内4店舗目を新宿にオープン

6/29(木) 22:00配信

ITmedia ビジネスオンライン

 米国ニューヨーク発のハンバーガーチェーン「シェイクシャック(Shake Shack)」は6月30日に国内4店舗目となる「新宿サザンテラス店」をオープンする。日本では初めてアーティストとコラボレーションしたペインティングを店内にあしらうなど、他店舗とは違ったコンセプトを打ち出す。

【新宿サザンテラス店は「アフタヌーンティー」の跡地に】

 オープンに併せて、夏季限定メニューである「ピクルド ハラペーニョ バーガー」とオリジナルビアカクテル「シャック シャンディ」を先行販売する。さらに同店オリジナルのアイス商品として、バニラドーナッツとストロベリージャムをミックスし、彩り鮮やかなレインボースプリンクルをトッピングした「レインボー コネクション」と、塩キャラメルソースやチョコレートチャンクなどをトッピングした「ソルテッドキャラメルバナナクランチ」も提供する。

 価格はピクルド ハラペーニョ バーガーが880円(税別。以下同)、シャック シャンディが18ozで730円。アイスはいずれもスモールサイズが480円、レギュラーサイズが650円。

 シェイクシャックは地域に根差すコミュニティーとパートナーシップを組む活動を全世界の店舗ごとに実施している。新宿サザンテラス店は、一般財団法人のダイバーシティ研究所と連携して、主に外国にルーツのある子どもたちの学習サポートやセクシャルマイノリティの人々の支援などを行う。また、レインボー コネクションの売り上げの5%をダイバーシティ研究所に寄付する。

 新店舗の場所には以前、シェイクシャックの国内運営会社であるサザビーリーグが展開するカフェ「アフタヌーンティー・ティールーム」があった。