ここから本文です

マクドナルド「バーガーツイート診断」に便乗したスパムツイートに公式が注意喚起 正規URLからアクセスするよう呼びかけ

6/29(木) 23:34配信

ねとらぼ

 日本マクドナルドは6月29日、現在実施中の「バーガーツイート診断」に便乗したスパムツイートの存在を確認。同診断に偽装したURLに注意するよう呼びかけています。

【画像】「バーガーツイート診断」の画面

 公式Twitterでは、ハッシュタグ「#バーガーツイート診断」でツイートされるURLについて「w.mdj.jp/」から始まるURLが公式のバーガーツイート診断で、同診断を装ったそれ以外のURLについては一切の関わりがないとして注意喚起。

 また診断時にTwitterアカウントでログインする際、「ツイートする」「新しくフォローする」などの操作は行わないとして、アプリ認証画面で許可する内容についても確認するよう促しています。

 誤ってアプリ連携してしまった場合は、ブラウザ版Twitterの「プロフィールアイコン」の「設定とプライバシー」から「アプリケーション」を選び、対象アプリの「アクセス権を取り消す」で解除できることも説明しています。

 バーガーツイート診断は、過去に投稿したツイート(直近1000件)の中で「バーガー」や「マック」とつぶやいているツイート件数を診断するもの。診断画面では先着10万枚限定で「グラン ベーコンチーズ」の“ほぼ半額クーポン”がプレゼントされます。

最終更新:6/29(木) 23:34
ねとらぼ