ここから本文です

宇野常寛氏、稲田防衛相に「この程度の人間を防衛大臣にしておくことが国の危機」「いますぐ罷免」

6/29(木) 9:33配信

スポーツ報知

 評論家の宇野常寛氏(38)=@wakusei2nd=が29日、日テレ系「スッキリ!!」(月~金曜・前8時)で都議選応援演説内容を巡り批判されている稲田防衛相について「罷免すべき」とコメントした。

 稲田氏は27日に東京都板橋区内で行った都議選の自民党公認候補の応援演説で「防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いしたい」などと発言。野党からの批判だけでなく、与党内からも発言を疑問視する声が上がっている。

 宇野氏は「罷免しましょう。ずっと言っていますけれど、大臣の器じゃない。これまでの言動から見て明らか。この人は、一部の過激な保守層が喜びそうな勇ましいことを言う。大臣としての責務だったり、自衛隊がシビリアンコントロールの名の下に特定の政治勢力にコミットしないように距離を置いてきた日々の努力の積み重ねを、防衛大臣がふいにするのをいうのが、どれだけまずいか考えない。それよりも目の前でちょっとウケのいいことを言うことのほうに気分がいっちゃっている程度の人間。これほど朝鮮半島情勢が緊迫しているのに、この程度の人間を防衛大臣にしておくことが国の危機。いますぐ罷免すべき」と早口でコメントした。

 8月にも行われるとの情報もある内閣改造での交代について「当然切り替えて欲しい。それでも遅いくらい」としていた。

最終更新:6/29(木) 10:01
スポーツ報知