ここから本文です

原一男やワイズマンの新作上映、山形国際ドキュメンタリー映画祭コンペ部門15本決定

6/29(木) 21:50配信

映画ナタリー

山形国際ドキュメンタリー映画祭2017の記者会見が本日6月29日に行われ、インターナショナル・コンペティション部門の上映作品が発表された。

【写真】山形国際ドキュメンタリー映画祭2017記者会見の模様。(他18枚)

これは山形を拠点に活動したドキュメンタリー監督・小川紳介が発案し、1989年から隔年で実施されている映画祭。世界各国の最新ドキュメンタリー映画を上映するインターナショナル・コンペティション部門には121の国と地域から1146本の応募があり、その中から15本が厳選された。

ラインナップには、「ゆきゆきて、神軍」の原一男が23年ぶりに単独で監督した長編ドキュメンタリー「ニッポン国 vs 泉南石綿村」をはじめ、フレデリック・ワイズマンの「エクス・リブリス ニューヨーク公共図書館」、中国のとある労働者家庭の食卓風景を約1年にわたって記録した「また一年」、73歳の老人がロバと犬を相棒に2200kmの旅路に出る姿を追ったロードムービー「ドンキー・ホーテ」、アフリカ系アメリカ人の現代史を紡ぐ「私はあなたのニグロではない(仮題)」、東日本大震災からの復興、それぞれの立場と心の揺らぎを捉えた「願いと揺らぎ」などが並ぶ。

そのほかアジアの新進ドキュメンタリーを紹介する「アジア千波万波」、「山の焚火」「僕のピアノコンチェルト」などで知られるスイスの映画作家フレディ・M・ムーラーの初期作品に焦点を当てた特集、現在撮影や編集段階にある作品を上映し、公開対話が行われる「ヤマガタ・ラフカット」など多彩なプログラムが組まれている。これらの上映作品および詳細は7月末に発表される予定なので続報を待とう。

山形国際ドキュメンタリー映画祭2017は、10月5日から12日まで山形・山形市中央公民館ほか市内各地で開催される。チケット引換券は7月1日にチケットぴあ、セブンイレブン、サークルK・サンクスにて発売。また8月1日より各種プレイガイドにてチケットが販売開始となる。

山形国際ドキュメンタリー映画祭2017
2017年10月5日(木)~12日(木)山形県 山形市中央公民館、山形市民会館ほか
前売り料金:1回券 1100円 / 3回券 2700円 /10回券 6500円 / 公式カタログ付きフリーパス 1万1000円
当日料金:1回券 1300円 / シニア1回券 1100円 / 3回券 3200円 /10回券 9000円 / 公式カタログ付きフリーパス 1万3000円
※高校生以下無料

インターナショナル・コンペティション部門 上映作品
「また一年」
「カラブリア」
「聖餐式」
「ドンキー・ホーテ」
「エクス・リブリス ニューヨーク公共図書館」
「ニンホアの家」
「私はあなたのニグロではない(仮題)」
「激情の時」
「孤独な存在」
「機械」
「カーキ色の記憶」
「ニッポン国 vs 泉南石綿村」
「自我との奇妙な恋」
「航跡(スービック海軍基地)」
「願いと揺らぎ」

その他プログラム
アジア千波万波
日本プログラム
アフリカ特集(仮題)
響鳴する身体 フレディ・ムーラー特集(仮題)
アラブをみる2 政治と映画:パレスティナ・レバノン70s - 80s(仮題)
ヤマガタ・ラフカット
ともにある Cinema with Us 2017
やまがたと映画
審査員作品・特別招待作品

最終更新:6/29(木) 21:50
映画ナタリー