ここから本文です

「テレ東音楽祭」SMAPデビュー曲の懐かし映像で瞬間最高11・8%

6/29(木) 10:55配信

スポーツ報知

 28日に放送されたテレビ東京系「テレ東音楽祭2017」(後7時)の平均視聴率が8・4%を記録したことが29日、分かった。

【写真】田原俊彦、独立「後悔ない」

 瞬間最高視聴率は午後9時2分、昨年末で解散したSMAPの1991年発売のデビュー曲「Can’t Stop!!-LOVING-」を当時のメンバー6人が歌っている映像が流れた場面で、11・8%を記録した。

 番組では脱退してオートレーサーに転身した森且行(43)の姿もそのままに、デビュー前後のまだ幼いSMAPの映像を次々に流した。SMAPのバックダンサーと務めていたKinKi Kidsの堂本光一(38)は、これらの映像を懐かしそうに見つめ、TOKIOの国分太一(42)は体を揺らしながら口ずさんだ。

 また、KinKi Kidsの堂本剛(38)は27日夕方から左耳の突発性難聴のために入院し、、同番組への出演をキャンセル。光一はひとりで出演し、TOKIOの長瀬智也(38)と歌唱して盛り上げた。

最終更新:6/29(木) 12:09
スポーツ報知