ここから本文です

海老蔵「あの日から涙のでない日がない」…辛くても登園する麗禾ちゃんに涙

6/29(木) 11:37配信

スポーツ報知

 乳がんと闘いながら22日に亡くなったフリーアナウンサーの小林麻央さん(享年34)の夫で歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)が29日、自身のブログを更新。「あの日から涙のでない日がないです」と深い喪失感をつづるとともに、長女・麗禾ちゃん(5)が健気に幼稚園に登園する姿に涙したことを明かした。

【写真】小林麻耶「そばにいてくれているのかな」

 海老蔵はこの日最初に更新したブログで「胸がしめつけられ 目覚め 胸を抑えると 大きな大きな穴が空いている 言葉に文字に出来ない喪失感、あの日から涙のでない日がないです、、」と吐露。「一緒に寝たのに起きたら横にパパいないと悲しいかな」「麻央なら必ずそうするだろうな」と麗禾ちゃんが目覚めるまで隣で寄り添う様子をつづった。

 また、麻央さんが亡くなったことを幼稚園で皆が知っていたため、麗禾ちゃんは「辛かったらしい」と告白。「でも それでも行くという娘の強さに涙する朝です…計り知れぬものがそこにある」と明かした。

 自身は「身体のメンテナンス」で病院に行くとしたが、「心のメンテナンスはできないけど心をケアしてあげないとなーと自分で自分の事おもいます、笑 救えねぇ~なぁーと今の自分を自己分析してます」とし、「大きな大きな心の穴が、大きな心の穴を愛と光でその穴を埋められるように日々すごしたい」とつづった。

最終更新:6/29(木) 20:57
スポーツ報知