ここから本文です

中日・大野が本拠地初勝利で2勝目「きょうは泣きません」 初勝利で号泣も

6/29(木) 22:06配信

デイリースポーツ

 「中日2-0阪神」(29日、ナゴヤドーム)

 中日が大野-又吉-岩瀬-田島の4投手の継投で2試合連続の完封勝利、連勝を3に伸ばした。

 初回1死から、荒木、大島、ゲレーロの3連打で先制。2回以降は再三のチャンスを拙攻で逃したが、七回2死三塁から大島の左前適時打で貴重な2点目を挙げた。

 先発の大野は制球に苦しんだものの、6回を112球、2安打7奪三振無失点の力投で2勝目をマーク。7日のロッテ戦(ZOZOマリンスタジアム)で今季初勝利を挙げた際には人目もはばからず号泣した大野だが、本拠地・ナゴヤドームでの初勝利となったこの日の試合後は、「きょうは泣きません」と笑顔。「遅くなってスイマセンでした~!」と地元のファンに報告すると、「『頑張れ』という言葉で、こんなに勇気をもらえるのかと今シーズンは思ってますし、本当にファンの皆様に感謝の気持ちで一球一球投げ込んでます」と、かみしめるように話していた。