ここから本文です

絶叫・豊田真由子議員の元運転手が“ミュージカルいびり”が出るきっかけを暴露

6/29(木) 14:33配信

スポーツ報知

 29日放送のフジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」(月~金曜・後1時45分)で秘書への暴行問題で自民党を離党した豊田真由子衆院議員(42)=埼玉4区=の元運転手の男性が生出演した。

【写真】尾木ママ、豊田議員の暴言で学校でのいじめ誘発不安

 今回の問題をスクープした週刊新潮が提供した音声を番組では紹介。5月21日の車内で録音された音声データで豊田議員は、秘書が道を間違えたことに激怒し「豊田真由子様に向かって、お前のやっていることは違うというわけ私に」と自らに「様」を付けている暴言、前回、話題となったミュージカル調でのいびり口調に続き赤ちゃん言葉で「あるんでちゅか~、そんな事になるのかなぁ」と新バージョンも発覚。「死ねば。生きてる価値ないだろ、お前とか」などと怒鳴った音声が紹介された。

 スタジオに生出演した男性は、3か月前に運転手を務めていた。顔をオープンにせず磨りガラス越しで出演した男性は、豊田議員の支持者から土、日曜の運転を頼まれ、2月に4日間、運転手を務めたという。

 豊田議員の怒鳴り声は「ギャーギャーワーっていう感じ」と明かし、「ちょっと気にくわないと始まったりする」と振り返った。具体例として「例えば、駐車場に入るとき、入り口で止める時、初めてそこの場所に行って、わからないじゃないですか。豊田先生は、分かっているんですけど、教えていただいてないんで、こっちの入り口かなと思って入ろうとしようとすると、入り口が違うだろ、あっちの看板にかいてあるだろ、そっちへいけ」と豊田議員の怒鳴り声を物まねしながら当時の状況を再現した。

 運転手を務めた4日間で暴行を受けたことはないとしたが「続けていたらもしかしたら」と明かした。車中で怒りが爆発するときは「車の中は事務所なんです。事務所に物がないとダメなんです。のりとか事務用品がないと怒ります」と証言。さらに話題となっているミュージカル調でのいびり口調が出てくる時は「怒鳴ったときにくっついてきます」と明かしていた。

 表舞台での行動とまったく正反対の顔に「二面性はある方ではあるんじゃないですかね」と男性は示していた。

最終更新:6/29(木) 15:07
スポーツ報知