ここから本文です

鹿児島出身・上白石萌音、佐賀弁に挑戦「似てるからこそ難しかった」

6/29(木) 17:19配信

スポーツ報知

 女優の上白石萌音(19)が29日、都内で主演したNHK―BSプレミアム「ガタの国から」(7月19日放送、後10時)の完成試写会を行った。

 佐賀の名湯・嬉野温泉にタイのスーパーアイドル・サムット(ティティ・マハーヨーターラック)が撮影のため現れ、温泉街は騒然。老舗旅館の娘でムツゴロウ好きの女子高生・未来(上白石)はサムットと出会い、心を通わせていく―。

 佐賀発の地域ドラマ出演に、鹿児島出身の上白石は「九州出身なのでこういう形で恩返しできたらいいなと思い、演じさせていただきました。早く佐賀の方々に見てほしい」。撮影期間中は温泉のある宿舎で生活。「まさに美肌の湯。どんなに遅くても、泥だらけになっても、温泉に入ったらリフレッシュできた。心も体も癒やしてくれる場所で、日に日にお肌の調子も良くなっていった!」と、抜群の効能を喜んだ。

 劇中では佐賀弁に挑み、干潟に入って泥だらけに。「温泉と泥でお肌もツルピカに。同じ九州の言葉なのに、似ているからこそ難しかった」と振り返った。共演は甲本雅裕(52)、有森也実(49)。

最終更新:6/29(木) 17:19
スポーツ報知