ここから本文です

【中日】大野、6回0封!チーム8試合連続QS

6/29(木) 20:50配信

スポーツ報知

◆中日―阪神(29日・ナゴヤドーム)

 中日の大野雄大投手(28)が6回2安打無失点と阪神打線を封じた。

【写真】51日ぶりの勝利となる6勝目を挙げた田中将大(ロイター)

 14日の日本ハム戦(ナゴヤドーム)以来のマウンド。1点リードの3回は1死二塁のピンチを背負ったが、上本、糸井を連続空振り三振。5回先頭からも4者連続で空振り三振に仕留める投球で、相手に得点を許さなかった。「何とか0点で抑えることができましたが、無駄な四球や攻撃面でのバント失敗など、先発として反省することが多い内容でした」と振り返って、7回から2番手の又吉にバトンを渡した。

 これで中日先発陣は、17日の西武戦(ナゴヤドーム)から、バルデス、柳、バルデス、小笠原、柳、鈴木、ジョーダン、大野と8試合連続でクオリティー・スタート(QS=先発6イニング以上、3自責点以下)を達成。その間の先発投手の防御率は1.44。助っ人左腕コンビと、ドラフト1位カルテットの奮闘が際立っている。

最終更新:7/5(水) 8:25
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報