ここから本文です

【NBA】ロケッツがC.ポールを獲得、8選手絡む大型トレードが成立

6/29(木) 13:41配信

ISM

 ヒューストン・ロケッツとロサンゼルス・クリッパーズの間で現地28日、8人が絡む超大型トレードが成立した。

 今回のトレードでロケッツは、オールスターのクリス・ポールを獲得。見返りとして、パトリック・ビベリー、ルー・ウィリアムズ、サム・デッカー、モントレズ・ハレル、ダラン・ヒリヤード、デアンドレ・リギンズ、カイル・ウィルトジェー、来年のドラフト1巡目指名権(プロテクトあり)、金銭をクリッパーズに譲渡した。

 大型トレードが成立するのは、シカゴ・ブルズがオールスターのジミー・バトラーをミネソタ・ティンバーウルブズへ送ったトレードに続き、これがこの1週間で2度目。ロケッツは、クリッパーズとのトレードを成立させるため、事前にデトロイト・ピストンズからヒリヤード、ダラス・マーベリックスからリギンズを、それぞれ現金と交換で獲得していた。

 ロケッツは、ポールとジェームズ・ハーデンというオールスター2選手の強力なバックコートで、リーグ制覇を目指すことになる。ロケッツのダリル・モーリーGMは、「キャリア全盛期のジェームズ・ハーデンとクリス・ポールが一緒にプレーをすることで、リーグで圧倒的な強さを誇るチームを追い詰める本当のチャンスが生まれる」と、喜んだ。

 またモーリーGMは、7月1日に解禁するフリーエージェント(FA)市場で優秀な選手を呼び込むため、今回のトレードを早く実現させたかったと述べている。

 32歳のポールは、このオフのFA市場の目玉になると思われていたが、現行契約の最終年の契約オプションを行使し、トレードが成立。キャリア3チーム目はロケッツに決まった。

 オールスター9回出場の実績を持つポールは、通算12シーズンで平均18.7得点、9.9アシスト、4.4リバウンド、2.3スティールをマーク。しかし、クリッパーズに在籍した6シーズンは、一度もチームをウェスタンカンファレンス決勝に導くことができなかった。(STATS-AP)

最終更新:6/29(木) 13:41
ISM