ここから本文です

【NBA】ニックス、P.ジャクソン球団社長退任を発表 在任3年間チームは低迷

6/29(木) 15:45配信

ISM

 ニューヨーク・ニックスは現地28日、フィル・ジャクソン球団社長が退任することを発表した。

 オーナーのジェームズ・ドーラン氏は、熟考の結果、ニックスはこれまでと異なる道を進むことでジャクソン球団社長と合意したと発表。そして、「フィル・ジャクソンはリーグ史上、最も著名で成功を収めた人物の1人。NBAの功績で彼の右に並ぶ者はいない」と、同球団社長への感謝を述べた。

 ジャクソン球団社長は「ガーデン(本拠地のマディソン・スクエア・ガーデン)に再びチャンピオンシップをもたらしたいと願っていた。勝利を尊ぶ者として、成し遂げられなかったことを大変残念に思っている」と、語っている。

 監督としてリーグ史上最多11回の優勝、選手としてもニックスで1970年と1973年にNBAファイナル制覇を経験しているジャクソン球団社長。しかし、球団幹部職としての初の任務は、3シーズンで80勝166敗と散々な結果となり、2014-15シーズンには球団ワーストとなる17勝65敗を記録するなど、チームを浮上させることができなかった。

 また、先日にはカーメロ・アンソニーを放出する意向を繰り返し、クリスタプス・ポルジンギスのトレードの可能性にも言及していた。(STATS-AP)

最終更新:6/29(木) 15:45
ISM