ここから本文です

中村優一、俳優人生で一番激しい殺陣に挑戦「この熱量を観てもらえたら」

6/29(木) 21:53配信

デビュー

 霜月かいりによる絢燗アクション漫画を原作とした舞台「BRAVE10」が、28日より東京・全労済ホール/スペース・ゼロにて開幕。初日公演に先駆けて、公開ゲネプロが行われ、中村優一、伊万里有、宮城紘大、小坂涼太郎、遊馬晃祐が囲み取材に登檀した。

【写真】舞台「BRAVE10」ゲネプロの模様

 本作は、「戦国BASARA 乱・世・乱・舞」や「魔界医師メフィスト」などを手掛ける漫画家、霜月かいりが描く真田十勇士の物語。2011年の連載終了後もファンからの熱い声を受け、続編とスピンオフ作品が連載されるなど、シリーズを通して根強い人気を誇る。

 物語の舞台は、戦国時代―関ヶ原の戦いが始まるおよそ1年前。伊賀の忍者・霧隠才蔵が、徳川家康の忍に出雲の社を襲撃されて逃げてきた巫女・伊佐那海(イサナミ)を刺客から救ったことから物語が始まる。同じ頃、信州の真田幸村は、乱世の切り札となる十人の同志“真田十勇士”を集めようとしていた。そして、幸村を頼ろうとしていた伊佐那海に付き添い、幸村のもとを訪れた才蔵も、その一人となる。そこに、伊佐那海が所持している不思議な力を持つといわれている奇魂(くしみたま)を狙う、家康の忍・服部半蔵や伊達家当主の伊達政宗が現れ、才蔵や幸村たちは伊佐那海を守るため戦うこととなる。

 音楽や映像による演出も盛りだくさんで、舞台冒頭から一気に『BRAVE10』の世界へといざなう。大きな刀をダイナミックに振り回す霧隠才蔵(中村優一)をはじめ、特殊な武器を持つキャラクターたちが、それぞれ異なった立ち回りを披露し、魅了する。才蔵に好意を寄せる伊佐那海と、そんな彼女に対してぶっきらぼうながらも優しさを見せる才蔵の、二人のほっこりするやりとりや、妹の伊佐那海のへの愛情がすさまじいシスコンの兄・三好清海(新井將)、戦うことに快楽を感じている由利鎌之介(櫻井圭登)ら、個性豊かなキャラクターたちが織り成す、コミカルな掛け合いも満載で、観るものを飽きさせない。

 囲み取材に出席したキャスト陣は、それぞれ舞台への思いを吐露。己の居場所を探している伊賀の忍者・霧隠才蔵を演じる中村は「大人気の漫画が原作ということで、すごくプレッシャーはあります」と正直な想いを語り、「でも1ヵ月間必死に稽古をしてきました。僕自身、人生の中でこんなに動き回ったことがないというくらい、体を動かしているので、その熱量をぜひみなさんに観てもらえたら」とコメント。さらに、自身が演じる役柄について「基本的にツンツンしているんですが、伊佐那海に対してはツンツンしながらも愛を感じる部分があったり、女の子に対しての優しさを出すところが魅力的だなと思います」と思いを打ち明ける。

 真田幸村を演じる伊万里は「真田十勇士を引っ張る役なので、そういう人柄などをしっかりと出して、みんなを引っ張っていけたらと思います」と力強く語りつつ、「そして、なにより女好きということなので、女好き加減も見せていけたら」とニヤリ。そんな幸村に仕える海野六郎を演じる宮城は「僕のキャラクターは幸村様に使えている小姓の役。舞台上でも幸村様と一緒にいるので、精一杯仕えようと思います」と意気込み、露出が多い自身の衣装について「僕なりに1ヵ月間ダイエットを努力してきたので、ぜひ注目していただければ。露出が多いというか、際どい衣装なので、“刮目せよ!”っていう感じですかね」とアピールし、場を盛り上げる。

 奇魂を狙う伊達政宗を演じる小坂は「僕の演じる伊達政宗は、余裕がある男で、戦いは好きだけど戦いは他の人にやらせて、いいところ取りの“漁夫の利”みたいな感じがあります。なので、あまり殺陣はないのですが、その少ない殺陣の中で余裕ある男を見せられるように頑張ります」とコメント。同じく、徳川の命で奇魂を狙う服部半蔵を演じる遊馬は「衣装も音楽もカッコイイし、映像もたくさん使われるので、そでに負けないように、僕らはエネルギーを出して、熱量上げて、精一杯演じたいと思います」と意気込みを語り、「半蔵として真田十勇士に立ち向かえるよう、最強の敵であれるよう、一生懸命演じたいと思います」と宣言。

 本作のみどころに関して質問が及ぶと、中村は「殺陣がすごい。僕の俳優人生の中でいちばん多い。それと、ステージ上だけでなく客席とか、このホール全体を使って、この作品をやるので、そこもみどころです」とコメント。すると伊万里が「彼(中村)が持っているこの刀は本当に重いんです。これを何手もたくさん殺陣をやりながら頑張っている姿を見ると、感動できる」と中村の殺陣に太鼓判を押す。遊馬も「服部半蔵は短い刀を使った二刀流で、殺陣もほかの人とは違ったような立ち回りになります。それぞれのキャラクターが、みんな立ち回りが違うので、ぜひそぞれのキャラクターにも注目してもらいたいです」と語った。

 最後に、座長の中村が「5日間の公演ですが、キャスト・スタッフ一同、必死に稽古してきたので、そのエネルギーをぜひ目の当たりにしていただけたらと思います」と挨拶し、囲み取材を締めた。

 舞台「BRAVE10」は、6月28日(水)~7月2日(日)まで全労済ホール/スペース・ゼロにて上演中。

最終更新:7/8(土) 17:04
デビュー