ここから本文です

間宮祥太朗&葉山奨之の浴衣姿にファン200人が歓喜「気持ちがキュッとします!」

6/29(木) 22:01配信

オリコン

 俳優の間宮祥太朗と葉山奨之が29日、大阪・カンテレ本社で行われた同局・フジテレビ系ドラマ『僕たちがやりました』(7月18日スタート 毎週火曜 後9:00)の女性限定イベントに登場。浴衣姿で登場した2人に、会場のファン200人が黄色い声援を送った。

【写真】ツイッターで話題の「使っていいよ」にも挑戦

 人生初浴衣だという葉山は「気持ちが、キュッとします!」とにっこり。大阪出身ゆえに「帰ってきたという感じがしますし、女性がこれだけ集まると、すごいパワーを感じますね」と感激した様子で話すと、間宮も「大阪は人が温かい街という印象。そんな場所で、ドラマの話ができるのはすごくうれしいです」と喜びをかみしめた。

 同作の原作漫画の大ファンだという2人だが、間宮は今回のドラマ化にあたりプロデューサーに出演を直訴。「学生時代にイタズラの度が過ぎて友だちを傷つけたり、大人になって振り返ると、取り返しのつかないことをしてしまったという経験は、誰にもあると思います」と力説し「サスペンスとしてもおもしろいし、コミカルな部分も楽しい。個性的な登場人物がたくさん出てくるので、そのバックボーンにも注目してほしいです」と呼びかけた。

 イベントでは、同作の主演である窪田正孝からのメッセージビデオも上映。それぞれの印象について「(間宮は)頭の回転が速くて機転が利く人で(葉山は)現場でのアドリブが一番多くて、周囲を巻き込んでいく“切り込み隊長”みたいな存在」と紹介した。

 同作は『ヤングマガジン』(講談社)で連載され、4月発売のコミックス第9巻をもって完結した同名漫画(原作:金城宗幸、漫画:荒木光)を連続ドラマ化。何事も“そこそこ”でいいと思っている主人公、凡下(ぼけ)高校2年のトビオを窪田が演じる。

最終更新:6/29(木) 22:01
オリコン