ここから本文です

男児が車内から誤って施錠、熱中症に

6/29(木) 8:20配信

岐阜新聞Web

 岐阜県郡上市内で28日昼、1歳の男児が乗用車の中に約50分間、閉じ込められた。市消防本部が救助したが、男児は熱中症で救急搬送され、3週間未満の入院が必要な中等症と診断された。
 市消防本部によると、同日午後1時すぎ、母親がドラッグストアの駐車場に車を止め、「鍵を持たせるとぐずらないから」と男児に車の鍵を持たせた状態で車を降り、男児を車から降ろそうとしたところ、男児がロックボタンを押した。ロードサービスを呼んだが鍵を開けられず、市消防本部へ救助を要請。消防署員が運転席のガラスを割って助け出した。
 市消防本部は「母親は置き去りにしようとしたわけではないが、暑い時間帯に閉め切った車内であれば、短時間でも危険。これからの季節は特に注意が必要」と話した。

岐阜新聞社

最終更新:6/29(木) 17:00
岐阜新聞Web