ここから本文です

龍神伝説の夜叉ケ池で山開き

6/29(木) 8:51配信

岐阜新聞Web

 岐阜、福井県境の夜叉ケ池の山開き式が、揖斐郡揖斐川町坂内川上の登山口で行われた。龍神伝説の残る神秘の池の登山シーズンが今年も幕を開けた。
 夜叉ケ池は、標高1099メートルに広がる美しい自然景観に囲まれた池。かつて干ばつに悩まされた郡司が、恵みの雨の返礼に娘を池にすむ龍神に嫁がせたという伝説が残り、福井や滋賀でも信仰の対象として古くから親しまれている。県側からは毎年、約6千人の登山者が訪れている。
 今年は積雪が多かった影響で、例年よりも約2週間遅い山開きとなった。神事には富田和弘町長、坂内観光協会の関係者らが出席し、シーズンの無事を祈願した。式典終了後、待ちわびた登山者約100人が夜叉ケ池を目指して出発、片道約3キロの登山道を歩き、深緑を満喫した。
 今シーズンは、登山口に続く町道の災害復旧工事の影響で、7月23日まで。

岐阜新聞社

最終更新:6/29(木) 10:15
岐阜新聞Web