ここから本文です

『パディントン』生みの親マイケル・ボンドが逝去 実写版俳優も追悼

6/29(木) 16:02配信

CINRA.NET

イギリスの作家マイケル・ボンドが6月27日に亡くなっていたことがわかった。91歳だった。

【もっと大きな画像を見る】

『くまのパディントン』の作者として知られるマイケル・ボンド。イギリスの出版社ハーパーコリンズの発表によると、短い病気療養の後、自宅で息を引き取ったという。

1926年に生まれたボンドは、第二次世界大戦中、イギリスの空軍、陸軍に従軍。1945年から作家活動を始め、約60年間におよぶキャリアで200以上の児童文学作品を発表した。

『くまのパディントン』は1958年に初めて出版され、これまでに世界で3500万部以上が発行されている。玩具やテレビシリーズ化されているほか、2014年には実写映画版が公開。映画版の第2作目も今年にイギリスで公開され、2018年に日本公開を予定している。今年4月には『パディントン』シリーズの小説の最新刊となる『Paddington's Finest Hour』が刊行されていた。

ボンドが『くまのパディントン』のアイデアを思いついたのは、本が出版される2年前、映像カメラマンとしてBBCに勤務していた1956年のこと。クリスマスイブにロンドンの店で見つけたクマのぬいぐるみをかわいそうに思ったボンドは、妻へのプレゼントとしてぬいぐるみを買って帰り、当時パディントン駅の近くに住んでいたことから「パディントン」と名付けたという。

実写映画版でパディントンと出会うブラウン家の父役を演じたヒュー・ボネヴィルは、自身のInstagramで「マイケルがパディントンで作り上げた、熱意があり、楽天家のキャラクターは世代を超えて多くの人々の喜びを与えた」と追悼のコメントを投稿した。

CINRA.NET

最終更新:6/29(木) 16:02
CINRA.NET