ここから本文です

山崎賢人&広瀬アリス主演作『氷菓』、イトヲカシが主題歌を担当 特報映像も公開

6/29(木) 9:00配信

ぴあ映画生活

11月3日(金)に公開される映画『氷菓』の主題歌を、イトヲカシが担当することが決定。あわせて、特報映像とポスタービジュアルが公開された。主題歌を担当するイトヲカシは、本作のために新曲『アイオライト』を書き下ろしている。

『氷菓』特報映像

本作は、累計発行部数220万部を突破した米澤穂信による学園ミステリー小説『古典部シリーズ』を、山崎賢人と広瀬アリスW主演で実写化した青春ミステリー。“省エネ主義”の高校1年生・折木奉太郎と、好奇心のかたまりのような少女・千反田えるをはじめとする神山高校の新生古典部が、33年前に発行された古典部文集“氷菓”と歴史ある学園祭に秘められた真実を解き明かすべく、伏せられてきた謎に挑んでいく模様を描く。

折木奉太郎役を山崎、千反田える役を広瀬が演じるほか、キャストには伊原摩耶花役で小島藤子、福部里志役で岡山天音が名を連ねる。

公開されたのは、えるが奉太郎に「わたし、気になります!」と訴えかけるシーンから始まる特報映像。イトヲカシの主題歌とともに、「やらなくてもいいことなら、やらない」という自身のモットーを口にする奉太郎や、そんな奉太郎の腕を引っ張るえる、新生古典部がテーブルを囲んで話し合う様子、奉太郎が学園で起こる不思議な謎を次々と解き明かしていく様などが収められている。

■イトヲカシ コメント
自分たちの高校生活も、きっと音楽がなかったら灰色の世界に埋もれていたんじゃないか。
奉太郎の気持ちに寄り添って制作しました。
作品に華を添えられたら幸いです!

『氷菓』
11月3日(金・祝)全国公開

【関連記事】

最終更新:6/29(木) 9:00
ぴあ映画生活