ここから本文です

杉田祐一 元世界3位やぶりATPツアートルコ8強。ボブ・ブレットも期待。

6/29(木) 12:01配信

TENNIS.JP

6月28日、トルコで行われているATPツアー大会、アンタルヤ・オープン。
芝で行われるウィンブルドンの前哨戦の一つ。

シングルス2回戦が行われ、杉田祐一(三菱電機)が第4シード、元世界3位のD.フェレール(スペイン)を6-3, 3-6, 7-6(2) 2時間16分の激戦の末破り8強になった。
今年ATPツアーではバルセロナオープンに続き今季2度目の準々決勝進出だ。

その準々決勝は、ラッキールーザーのダニエル・アルトマイアー(ドイツ)と対戦する。
アルトマイヤーは18歳、次世代のプレーヤーとして期待されている。

フェレール戦。2つのマッチポイントを逃しプレッシャーがかかったなかでの勝利。

杉田は先にフェレールのサーブをブレーク、第1セットを先取。
第2セットはブレークを許し、セットを落とす。

ファイナル・セットは第4ゲームをブレーク。
第10ゲームで杉田は二つのマッチポイントを掴むが、ものにできずタイブレークに突入。

チャンスを逃し、プレッシャーがかかったタイブレークであったが、見事それに打ち勝ち勝利を掴んだ。

杉田の活躍に期待する、世界的コーチ ボブ・ブレットから以下のメッセージが:
ボブは今修造チャレンジでジュニア指導のために来日中だ。

Yuichi by winning several matches on the ATP Tour has gained a solid game, some weapons and significant confidence.
He enjoys playing on the grass and believes that he has the capabilities to beat higher ranked players which I agree.
Regards
Bob
「ATPツアーでの経験がユーイチにしっかりしたテニス、勝ち方、そして自信を与えている。
芝でのプレーを楽しんでいるようで、ハイランキングのプレーヤーに勝てる能力がある。」
と芝での活躍を期待。

杉田(28歳)は今シーズンに入り好調、バルセロナ・オープン(スペイン、レッドクレー)では予選決勝で敗れるが、ラッキールーザーで出場、ATP500初の8強進出。
フレンチ・オープン1回戦では第25シードのジョンソンに敗れたが、2日目にわたる3時間半を越える激戦をした。

芝のシーズンに入り、ATP下部大会であるチャレンジャーのサービトン・トロフィーに優勝。
ゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハレ、ATP500)ではラッキールーザーで本戦入りし、その大会に優勝するR・フェデラー(スイス)と対戦するなど貴重な経験を積んでいる。

塚越亘

最終更新:6/29(木) 12:40
TENNIS.JP