ここから本文です

ANAが成田/ロサンゼルス線を増便、東京から1日3便に、首都圏デュアルハブ戦略を強化

6/29(木) 10:50配信

トラベルボイス

全日空(ANA)は2017年10月29日から、成田/ロサンゼルス線を増便する。

現在ANAでは、羽田は国内線と国際線の乗り継ぎ、成田は北米/アジアの中継地として位置付ける「首都圏デュアルハブモデル」を強化しているところ。今回増便するロサンゼルス線は、首都圏発着では羽田発着と成田発着のそれぞれ1日1便、計1日2便で運航。成田発着を1日2便とすることで、拡大する北米/アジア間の需要への対応と、成田の競争力強化をはかる。

機材は、ファーストクラス8席、ビジネスクラス52席、エコノミークラス190席のボーイングB777-300ER型機を使用。増便分のスケジュールは以下の通り。これにより、ANAは東京/ロサンゼルス間で、1日3便を運航することになる。

▼ANA 成田/ロサンゼルス線 増便分※2017年10月29日~

・NH176 成田 16:00発/ロサンゼルス 08:40着(毎日)
・NH175 ロサンゼルス 10:20発/成田 15:20着(毎日)
※10月29日~11月4日、3月11日~3月24日はロサンゼルス発着が1時間遅くなる。

トラベルボイス編集部

最終更新:6/29(木) 10:50
トラベルボイス