ここから本文です

消費拡大目指し 富山米PRの店増加を/富山

6/29(木) 20:34配信

チューリップテレビ

 米の消費拡大を推進するための会議が開かれ、富山米をPRする店を登録する取り組みなど、今年度の事業計画が示されました。

 米消費拡大推進協議会には、県JA中央会や国、県の関係者などあわせて25人が出席しました。
 県内における1人あたりの米の年間消費量は、1962年のピーク時には118キロでしたが、2015年には半分以下に減少しています。
 協議会では、昨年度から、富山米を100パーセント使用し品書きやホームページでPRしている店を『美味しい富山米の店』として登録し、消費拡大を図ってきました。
 今年度の事業計画では、登録店舗数を昨年度の62店舗から100店舗以上に増やすため、ポスターの制作費など250万円の予算を計上しました。
 また、11月には『米まつり』を開催し、富山米のおいしさをPRすることにしています。

チューリップテレビ