ここから本文です

西日本で前線北上 雷雨に注意

6/29(木) 5:29配信

ウェザーマップ

 きょう29日(木)は、北日本では日差しがあるものの、西日本から東日本では梅雨空が続きそうだ。特に西日本は広く雨で、午後は雷雨に注意が必要となる。

 日本の南の高気圧が西日本でやや北に勢力を強め、それに伴い、梅雨前線が西日本を北上する。そのため、きょうは梅雨前線がかかる西日本を中心に、広く雨が降りそうだ。

 前線の活動はやや不活発ではあるが、前線の南には暖かく湿った空気が入って、大気の状態が不安定となり、局地的に雨雲が発達するおそれがある。
 特に西日本では午後、落雷や急な強い雨、竜巻などの突風に注意をするとともに、これまでの大雨により地盤が緩んでいる九州を中心に、土砂災害にも注意が必要だ。
 また、前線の回りの雲がかかる東日本でも雲が厚く、午後は内陸部山沿いを中心ににわか雨や雷雨の可能性がある。

 気温は27℃前後の所が多く、湿度が高いため、蒸し暑く感じられそうだ。
 晴れる北日本では気温が上がり、30℃以上の真夏日となる所がある見込みで、熱中症に注意が必要となる。

(気象予報士・宮崎 由衣子)

最終更新:6/29(木) 5:29
ウェザーマップ