ここから本文です

顔が超絶カッコイイ!ホンダが新型フィットでコンパクトカーのシェア巻き返しへ

6/29(木) 11:32配信

オートックワン

ホンダは、コンパクトなボディながら、広い室内空間と優れた使い勝手が好評のフィットに、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)※1」を採用するとともに、内外装、乗り心地、静粛性、燃費性能など全領域で商品性を向上させ、6月30日より発売する。

>>マイナーチェンジ後の「フィット」を写真でチェック!(58枚)

価格(消費税込)は、142万8840円~236万7360円。

Honda SENSINGの適用

衝突軽減ブレーキや誤発進抑制機能など、ブレーキやステアリングの制御技術と協調し、安心・快適な運転や事故回避を支援する8つの機能が備わったHonda SENSING(※1)を採用した。

内外装のデザイン進化

エクステリアは、バンパーを刷新し低重心でワイドな印象に仕上げたほか、インラインタイプのLEDヘッドライト(※1)を採用するなど、スポーティさや先進性を表現した。

インテリアは、上質感や心地よさにこだわった素材、カラーコーディネートを採用。各グレードのキャラクターを際立たせる専用のインテリアカラーも用意している。

静粛性と乗り心地の向上

ボディ剛性の強化や遮音ガラス(※2)の採用などにより、静粛性と乗り心地を向上させている。

爽快な走りと優れた燃費性能をさらに進化させたパワートレイン

ガソリンモデルに採用している1.3リッター アトキンソンサイクル DOHC i-VTECエンジンと1.5リッター直噴DOHC i-VTECエンジン、そしてハイブリッドモデルに採用している「SPORT HYBRID(スポーツハイブリッド) i-DCD」のいずれのパワートレインも、それぞれの特性を活かし、きめ細かなチューニングを実施。スムーズな加速フィールなど、運転する楽しさと優れた燃費性能を進化させた。

また、Aピラーやフロントアンダーカバーなど、細部にわたり空力を考慮した形状変更を施し、燃費性能を向上させている。

※1 タイプ別設定

※2 ハイブリッドS・ホンダセンシングのみに適用

最終更新:6/29(木) 14:28
オートックワン