ここから本文です

【コインランドリービジネスの現実】予想売上より30万の赤字が数か月。実際に経営してみてわかった成功のカギ。

6/29(木) 7:10配信

マネーの達人

コインランドリービジネス

毎月60万円ほどの売上げが見込めると言われるコインランドリービジネス。カフェやコンビニなどと比べると、その売上高はほんのわずか。

ところが、そんなコインランドリービジネスが、サラリーマンや定年退職者から熱い視線を集めています。その理由と実情に迫ってみましょう。

どうしてコインランドリー?

何がコインランドリービジネスをそこまで魅力的に見せているのか?

それは装置産業であるということではないでしょうか。人間ではなく機械が働いてくれるため、人件費もほとんど必要ありません。

人を雇用することには一定のリスクが伴います。そのリスクを負わずして始められるのが、多くの人にとって魅力なのです。実際、私がコインランドリーを始める際も、その部分を大きく評価しました。

売上げと利益

では、肝心な売上げと利益についてはどうでしょう。コインランドリーの平均的な売上げは、1か月に付き60万円ほどと言われています。

とはいえ、売上高はお店の規模によってさまざまです。

どのようなお店であれば、60万円という売上げを実現できるのかというと、次のとおりです。

・ 店舗面積30坪
・ 洗濯機6台
・ 乾燥機10台

次に、経費について考えてみましょう。コインランドリーの経費には次のようなものあります。

・ 家賃(テナントを借りる場合)
・ 洗剤、水道光熱費
・ 機材のリース代

■家賃

上述規模のテナントを借りる場合の家賃は20万円程度です。

■光熱費、リース代など

・ 洗剤や水道光熱費は24万円
・ リース代は20万円

といったところでしょうか。合計64万円の経費は売上げを上回ってしまいます。

つまり、毎月4万円の赤字になってしまうのです。

■遊休地や空き店舗を所有している人にとってはどうでしょう?

その場合、20万円の家賃は不要となり収支は逆転。毎月16万円の黒字になります。

機材を購入した場合はリース代も不要となり、毎月の利益は36万円に。

■機材のリース代は7年後から利益となる

機材をリースで調達したとしても、7年ほどで償却期間が終了します。その後のリース料金はタダ同然なので、7年経過後には16万円の利益が上げられるということになります。

開業から7年間は貯金をするというイメージを持ってもらえると分かりやすいかもしれません。

このように、「そこそこ」そして「継続的に」収益を生むビジネスとして、コインランドリーの経営が注目を集めているのです。

1/2ページ

最終更新:6/29(木) 13:14
マネーの達人