ここから本文です

鉄スクラップ輸出、大阪で1万トン以上可能に

6/29(木) 10:10配信

日刊産業新聞

 港湾運送・荷役業の大都(本社=大阪市港区、間口豪社長)はこのほど、大阪市港湾局から大型バラ積み船が着岸可能な南港「J1岸壁」(大阪市住之江区)の利用許可を受けた。同社では8月中の開設を目指して事務所棟の建設や整備工事等に着手しており、完成すれば大阪地区でも1万トン以上の鉄スクラップ輸出が可能となる。

最終更新:6/29(木) 10:10
日刊産業新聞