ここから本文です

島尾敏雄 生誕100年記念切手販売へ 奄美の郵便局

6/29(木) 12:11配信

南海日日新聞

 日本郵便九州支社は27日、奄美ゆかりの作家・島尾敏雄(1917~86)の生誕100年を記念したオリジナルフレーム切手を7月6日に発売すると発表した。ミホ夫人(瀬戸内町加計呂麻島出身)との1枚など、素顔が垣間見えるような写真10枚を使っている。
 島尾は横浜市生まれ。55年から75年まで旧名瀬市で暮らした。県立図書館奄美分館長を務め、私小説や奄美にまつわる作品を数多く残した。晩年を鹿児島市で過ごし、86年、69歳で亡くなった。
 写真は長男の伸三氏が提供した。カメラに笑顔を向けた1枚や家族との集合写真もある。
 82円切手10枚分(1シート)で1300円。奄美12市町村の計63局(一部の簡易郵便局は除く)で千シートを限定販売する。通信販売はなく郵便局の窓口のみ。問い合わせ先は電話096(328)5436日本郵便九州支社。

南海日日新聞

最終更新:6/29(木) 12:11
南海日日新聞