ここから本文です

マルディーニ、プロデビュー戦で早くもテニス引退宣言! 「ツラい。現実に戻るよ」

6/29(木) 14:01配信

theWORLD(ザ・ワールド)

早々とテニス界から去る

サッカー界のレジェンドが同じような成功をクレーコート上で収めることはできなかった。かつてミランで長きに渡り活躍した英雄パオロ・マルディーニは、わずか1試合でテニス界からの引退を決断している。

【動画】短髪姿も爽やか! 真剣に“テニス”するマルディーニのプレイシーン

2009年まで名門ミランでプレイし、その後はアメリカで新設クラブの経営に関わるなど実業家としての活動に勤しんでいたマルディーニだが、先日、テニスプレイヤーへの転身を発表し世界中を驚かせていた。そして宣言通り、26日にはミラノで開催されたアスプリア・テニス杯に参戦。49歳マルディーニと、そのコーチである45歳のステファノ・ランドニオによる“シニアなペア”は、1回戦で脆くもストレート負けを喫すると、試合後にさっそくの“引退宣言”が飛び出した。伊『La Stampa』がテニスの王子、マルディーニの言葉を伝えている。

「全く通用しないだろうとも考えていたが、試合はとてもエキサイトするものだった。今回はとてもユニークで貴重なチャレンジになったけど、もう1回同じことをするのはツラいだろうね。私にはテニスをするほどの時間があまり無いんだ。サッカーボールを扱うのは得意だけど、テニスはラケットもあるし、ちょっと感覚が違うね」

また、ミランレジェンドは自身のSNSも更新し、「最初で最後のテニスさ。もう現実に戻るよ」とコメント。黄金期のミランを支えた英雄は潔くテニスコートとの決別を宣言している。

http://www.theworldmagazine.jp