ここから本文です

J2熊本に大黒摩季の夏が来る FW巻誠一郎と“マキ”つながり、19位から巻き返しへスタジアムでミニライブ

6/29(木) 9:00配信

西日本スポーツ

 逆襲の夏が来る!! J2で19位からの巻き返しを図るロアッソ熊本が、7月1日に熊本市のえがお健康スタジアムで行われる東京V戦(午後7時開始)で大掛かりな集客作戦を行う。昨春から熊本地震の復興支援活動に携わっている歌手の大黒摩季が来場し、ミニライブを開催。さらにチームカラーの赤いオリジナルTシャツを先着1万人に配り、スタンドを赤一色に染めて選手を後押しする。

【写真】J1鳥栖の試合後、豊田に抱き付く倖田來未

 大黒摩季と熊本FW巻誠一郎は“マキ”つながりもあって以前から親交が深く、熊本地震発生後には何度も2人で熊本県内の避難所を訪れて炊き出しをした。今回も復興支援活動の一環で「熊本を応援」をテーマに午後5時40分ごろから熱唱。始球式も務める。Tシャツはスポンサーのマイナビと協力して制作。当日の入場券を持つ観客に午後3時半から、入場ゲートの外に設置する「Tシャツ配布ブース」で1人1枚限定で配られる。

 リーグ戦で5連敗中のロアッソは特に今季本拠地で2勝1分け7敗と分が悪く、4月29日の横浜FC戦から6連敗中と苦しんでいる。成績不振を受け、この間に監督交代劇もあった。ホームで最後に勝ったのは、熊本地震の本震からちょうど1年後だった同16日の松本戦。「復興支援マッチ」として今季最多の1万3990人が入った。

 クラブは当時を上回る入場者数を目指しており、熱い声援で選手を鼓舞してシーズン前半戦のラストゲームを白星で締めくくるつもりだ。問い合わせはアスリートクラブ熊本=096(283)1200。

西日本スポーツ

最終更新:6/29(木) 9:00
西日本スポーツ