ここから本文です

キルスティン・ダンスト、「エル・ファニングは妹みたい」

6/29(木) 22:30配信

ELLE ONLINE

ニュースサイト「E!ニュース」のインタビューに答えたキルスティン・ダンスト。映画『The Beguiled(原題)』で共演したエル・ファニングについて「自分より若いソウルメイトに会ったと思える人がいるの」と語ったキルスティン。エルは「自分の妹のような存在」とコメントした。エルは『SOMEWHERE』、キルスティンは『マリー・アントワネット』と過去にもソフィア・コッポラ監督に出演済み。2人ともソフィアお気に入りの女優ではあるけれど、本人たちも似たものを感じているのかも!

キルスティン・ダンスト、カンヌ国際映画祭のレッドカーペットで涙!

ちなみにこの映画ではコリン・ファレルとセックスシーンを演じているキルスティン。実はこのセックスシーンにはある工夫(?)が! キルスティンによるとソフィアと相談して「セックスシーンではあるけれどキスはしない」ことを決めたという。「私たちはこのシーンをユニークでちょっと衝撃的にしたかったの。攻撃的で絶望的なものにしたかった」と告白。

ソフィアがお友達女優たちと一緒に撮ったと作品と言われているけれど、内容はソフィアらしくなかなかショッキングみたい。公開されたらすみずみまで要チェック!
(text : Yoko Nagasaka)

最終更新:6/29(木) 22:30
ELLE ONLINE