ここから本文です

男子テニスの〈ビッグ4〉がトップ4シードに [ウィンブルドン]

6/29(木) 12:03配信

THE TENNIS DAILY

 男子テニスの〈ビッグ4〉が、今年の「ウィンブルドン」(7月3~16日/イギリス・ロンドン)のトップ4シードとなった。ウィンブルドンはランキングだけでなく、グラスコートでの能力も考慮してシードが決められる。

マレーとケルバーがトップシード、錦織は第9シード [ウィンブルドン]

 世界1位で昨年優勝のアンディ・マレー(イギリス)は第1シードとなり、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、ロジャー・フェデラー(スイス)、ラファエル・ナダル(スペイン)がそれに続く。

 ナダルとジョコビッチはATPランキングのトップ4だが、フェデラーは5位だ。

 ほかの3つのグランドスラム大会では優勝したが、ウィンブルドンでの優勝経験のない世界3位のスタン・ワウリンカ(スイス)は、第5シードとなった。

 その下には、ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)、マリン・チリッチ(クロアチア)、ドミニク・ティーム(オーストリア)、錦織圭(日清食品)、アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)が、この順でシードのトップ10に顔をそろえている。

 一方、女子のシードでは、アンジェリック・ケルバー(ドイツ)が、トップ10ランキングをそのまま映したシード設定で第1シードとなった。唯一の例外は、妊娠のため大会をスキップしたセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)の不在だけとなっている。(C)AP (テニスマガジン/テニスデイリー)

最終更新:6/29(木) 12:03
THE TENNIS DAILY