ここから本文です

アレックス・リン、ニューヨークePrixでフォーミュラEデビューが決定

6/29(木) 19:02配信

motorsport.com 日本版

 アレックス・リンは、同郷のサム・バードと共にDSヴァージン・レーシングから来月のニューヨークePrixに出場することが決まった。

【写真】Gドライブ・レーシングの3人。左からピエール・ティリエ、ロマン・ルシノフ、リン

 ヴァージンからフォーミュラEに、そしてトヨタから世界耐久選手権(WEC)に出場しているホセ・マリア・ロペスと、現在フォーミュラEのドライバーズランキング首位に立っているセバスチャン・ブエミ(ルノー・e.ダムス)は、ニューヨークePrixとWECニュルブルクリンクの日程が重なっているため、ニューヨークePrixを欠場することがすでに決まっている。

 リザーブドライバーとしてヴァージンに加入しているリンは、ロペスに代わってメキシコePrixのシェイクダウンに参加している。彼は数日間のテストを行い、ニューヨークePrixでフォーミュラEのデビューを果たすことになる。

 彼はベルサイユ近郊にあるチームの本拠地でシミュレーター作業を行っており、今後はレースに向けてチームの開発マシンで走行することになる。

 リンはmotorsport.comに対し、「僕の手帳では、だいぶ前からニューヨークePrixの日に印をつけていたんだ。出場が決まって本当に興奮している」と話した。

「本当に仲の良いサムと一緒にここにいるのは素晴らしいことだ。僕の(フォーミュラEでの)最初のレースウィークでは、共にレースができるよう、彼は僕に助言をくれるだろう」

「シーズン終盤に差し掛かっているし、僕が一緒にレースをすることになる人たちは、言うまでもなく十分なスピードを持っているだろう。でも僕としては、十分な準備をして、全力で取り掛かって可能な限りベストな仕事をするつもりだ」

リンの代役はまだ未定

 リンはGドライブ・レーシングからWECのLMP2クラスに出場しており、チームメイトにはロマン・ルシノフとピエール・ティリエがいる。リンはWECニュルブルクリンクを欠場してフォーミュラEに出場するが、WECで誰がリンの代役を務めるのか、もしくは代役を起用しないのかは、まだわかっていない。

 ポルシェのファクトリードライバーであるローレンス・バンスールは、リンの代役の件に関して接触を図ったドライバーのひとりだが、バンスールが代役を務める可能性はないという。

 ルシノフはmotorsport.comに対し、Gドライブは、ル・マン24時間レースで3分間のストップ・アンド・ゴーペナルティを受けたため、WECニュルブルクリンクでそれを消化することが決まっているものの、リンのシートへの関心は非常に高いと話した。

「僕たちは3分間のペナルティを受けることが決まっているにもかかわらず、非常に多くの人からコンタクトを受けて驚いた」

「元F1ドライバーを含めて、20~30人くらいのドライバーから連絡があった」

「彼らはみんな速くて才能のあるドライバーだ。でも現行のLMP2カーでの走行経験が不足している。それでは、ニュルブルクリンクで僕たちふたりとドライブすることはできない」

Sam Smith