ここから本文です

新幹線の駅にシカ、リス出現!? 「谷川岳の離れ」が上毛高原駅に誕生

6/29(木) 18:10配信

乗りものニュース

大小さまざまな生き物が「生息」

 上越新幹線の上毛高原駅(群馬県みなかみ町)に2017年7月1日(土)、“小さな谷川岳”がオープンし、シカやリスたちが利用者を出迎えるようになります。谷川岳は上毛高原駅からも近い、群馬・新潟県境にそびえる標高1977mの山。「日本百名山」のひとつです。

この記事の画像をもっと見る(10枚)

 JR東日本ウォータービジネスとJR東日本高崎支社が設けたこの“小さな谷川岳”の名は「tanigawa hanare(タニガワハナレ)」。谷川岳の“離れ”をコンセプトにしており、谷川連峰の一ノ倉沢で行った現地調査をもとに、谷川連峰をイメージした岩や動植物を用意、あわせてロッククライミングの情景を加えることで、谷川連峰らしさを出したといいます。デザイナーが調査にいったとき、実際にロッククライミングが行われていたそうです。

 この「tanigawa hanare」には、剥製などではありますが、目立つニホンジカのほかにもノウサギやリス、カブトムシ、カエルといった大小さまざまな“生き物”が各所で暮らしており、彼らを探すだけでも楽しめるでしょう。また植物には本物も使われていますが、そこで育っているわけではありません。

JR東日本利用者は、知らぬ間に「谷川連峰の恵み」を飲んでいる?

 JR東日本ウォータービジネスは、谷川連峰直下1000mを行く上越新幹線の大清水(だいしみず)トンネル内を水源とするミネラルウォーター「From AQUA」を製造、販売しており、その谷川連峰の豊かな自然の恵みを多くの人に感じてほしいということから、この「tanigawa hanare」を開設したとのこと。新幹線で同駅を訪れた人々、地域の人々が谷川連峰の豊かな自然を感じながら、「From AQUA」を飲んで一息つけるようなスペースを提供するといいます。またJR東日本ウォータービジネスの富田勝己さんは、これが豊かな自然がある谷川連峰へ行くきっかけにもなればと話します

 上越新幹線の建設にあたって、上毛高原駅の近くで大清水(だいしみず)トンネルを掘削していたとき、水が湧出。それが工事作業員たちから「おいしい」と評判だったことをきっかけに、1984(昭和59)年、ミネラルウォーターの「谷川連峰の源水 大清水(おおしみず)」が発売されます。この「大清水」は、2007(平成19)年に「From AQUA」へ名称を変更。現在も、谷川連峰直下1000mのトンネル内が水源です。「From AQUA」は、JR東日本の駅構内にある自動販売機や店舗などで販売されており、知らずに“谷川連峰の豊かな自然の恵み”を飲んでいる人も少なくないかもしれません。

「tanigawa hanare」がオープンする7月1日(土)には、上毛高原駅でセレモニーや「呈茶体験」「コーヒー・かき氷の振る舞い」「カスタネットの絵付けワークショップ」「クライミング体験」といったイベントが行われる予定です。

恵 知仁(鉄道ライター)