ここから本文です

土屋太鳳、片寄涼太の“お兄”役は「理想の男性の姿」

6/29(木) 11:21配信

AbemaTIMES

 夜神里奈の人気少女漫画を原作とした映画『兄に愛されすぎて困ってます』が、6月30日(金)、全国の劇場で公開される。作中で主人公・橘せとか役を演じるのは、NHK連続テレビ小説『まれ』で主演を務めた国民的女優・土屋太鳳。土屋演じるせとかを溺愛する兄・橘はるか役には、人気グループ・GENERATIONS from EXILE TRIBEのボーカルである片寄涼太が抜擢された。劇中で息の合った演技を見せる2人だが、役作りのためにカメラが回っていない時でも兄妹のように振る舞っていたのだという。普段から片寄を「お兄」と呼ぶ土屋、土屋に対して兄のような優しさを見せる片寄。実の兄妹がお互いをからかい合っているような和やかな雰囲気の中、作品への意気込み、役にかける想いを語ってくれた。

 夜神里奈の人気少女漫画を原作とした映画『兄に愛されすぎて困ってます』が、6月30日(金)、全国の劇場で公開される。作中で主人公・橘せとか役を演じるのは、NHK連続テレビ小説『まれ』で主演を務めた国民的女優・土屋太鳳。土屋演じるせとかを溺愛する兄・橘はるか役には、人気グループ・GENERATIONS from EXILE TRIBEのボーカルである片寄涼太が抜擢された。劇中で息の合った演技を見せる2人だが、役作りのためにカメラが回っていない時でも兄妹のように振る舞っていたのだという。普段から片寄を「お兄」と呼ぶ土屋、土屋に対して兄のような優しさを見せる片寄。実の兄妹がお互いをからかい合っているような和やかな雰囲気の中、作品への意気込み、役にかける想いを語ってくれた。

別の現場で会っても「お兄」は「お兄」

ーー土屋さんは劇中、片寄さんを「お兄」と呼んでいますが、撮影の場以外でもそう呼んでいらっしゃるのですね。

土屋:呼ばせていただいてます。

片寄:たぶんこの現場離れて、どこかですれ違っても『お兄』って呼ばれそう。実年齢は、僕の方が6ヵ月くらい早く生まれただけで同学年なんですけど。

ーー実際は同い年のお二人ですが、兄妹という役柄に違和感はありませんでしたか?

片寄:全くないですね!今では『お兄』って呼ばれない方が違和感あるかも。

ーー片寄さんは、今回の抜擢について、ご自分ではどのように感じていらっしゃるのか教えてください。

片寄:いやー、そんなにお芝居の経験がないので、そういう意味で『僕でいいんですか』っていう驚きはありました。

ーーご自分のどういうところがその役を引き寄せたと思いますか?

片寄:全くそういう、自分が引き寄せたという感じはないですね。ただ、役って巡り合いですし、チャンスだと思いました。機会をいただけるなら全力を尽くして、自分のできることをやろうと思いました。

1/4ページ

最終更新:6/29(木) 11:21
AbemaTIMES