ここから本文です

“文春砲“の情報流出元は事務所関係者の可能 「事実無根」と下村氏が会見

6/29(木) 12:21配信

AbemaTIMES

 29日午前、自民党の下村博文幹事長代行が会見を開き、きょう発売の『週刊文春』が報じている加計学園からの違法献金疑惑について否定、「選挙妨害だ」と怒りをあらわにした。

 『週刊文春』の記事では、下村事務所の内部文書に学校法人「加計学園」が下村氏の後援会が開いた政治資金パーティー券200万円分を購入している一方、下村氏側の政治資金収支報告書にはこれが未記載だと報じている。これについて下村氏は「加計学園にパーティー券を購入いただいた事実はなく、“200万円闇献金“は全く事実無根」とコメント、理事長との密会などの疑惑も「全くない」と否定した。

 その上で下村氏は「ご承知のとおり、現在都議会議員選挙の終盤に入る大事な時期。記事の見出しでも“安倍側近で都議選の司令塔“と書いてある通り、私は都連会長として先頭に立って戦っている。全く事実に反する記事が大事な時期に掲載されること自体、選挙妨害、その目的だ」と批判。

 また、記事に掲載されている“内部文書“とされるデジタルデータを持ち出せるのは「内部にいた者と考えざるを得ない」と指摘、「昨年私の事務所を退職し、現在自民党以外から都議選に立候補している私の元秘書であることを週刊文春の記者も認める発言をしている」と明かし、この元秘書が署名したという文書のコピーを配布するとともに、元秘書と『週刊文春』に対し法的措置を検討しているとした。(AbemaTV/AbemaNewsチャンネル)

最終更新:6/29(木) 12:21
AbemaTIMES