ここから本文です

藤井四段29連勝に政界からも祝福の声、安倍首相「若い力が新しい歴史を作った」

6/29(木) 12:30配信

AbemaTIMES

 前人未到の29連勝を達成した史上最年少のプロ棋士・藤井聡太四段(14)に、安倍総理大臣も祝福の声を寄せた。

 藤井四段は6月26日午前10時から、8大タイトル戦の1つ「竜王戦」の決勝トーナメント1回戦で、増田康宏四段との対局に臨んだ。約11時間半に及ぶ激闘の末、91手で藤井四段が勝利し、30年ぶりの新記録となる公式戦「29」連勝を達成した。

 安倍総理大臣は、「若い力が新しい歴史を作りましたね。日本人に夢や希望を与えてくれる勝利だったと思います」とコメント。また、将棋文化振興議員連盟会長の山東氏も「29連勝っていうのはもう想像がつかないですね。成熟してる指し方っていうような感じがします」と話し、政界から祝福の声が寄せられた。

 新橋駅前では29連勝の号外が配られ、街の人も「すごいですね29連勝。このまま勝ち進んでほしいです」「こんな人はもう出てこないんじゃないの」と興奮気味だ。

 記録更新について藤井四段は、「自分としては連勝を意識せずに、一局一局全力を尽くして、もっともっと実力を高めてタイトルを狙う棋士になりたい」と、対局後の会見で語った。

 また、対局が開催された26日には、横浜市・鶴見区役所に「藤井四段」を名乗る人物から将棋セットやおもちゃ、合わせて20点の寄付があったという。

 藤井四段の30連勝をかけた対局は、7月2日に行われる。

(AbemaTV/『原宿アベニュー』より)

最終更新:6/29(木) 12:30
AbemaTIMES