ここから本文です

【MLB】田中将大51日ぶり白星一戦でヤ軍に新ヒーロー誕生「なんてアメージングな日」

6/29(木) 19:41配信

Full-Count

昇格即スタメンのアンドゥハーが3安打4打点

 平均年齢23.7歳の若きヤンキース打線が爆発し、マウンド上の田中将大に大量援護を送った。28日(日本時間29日)、敵地でのホワイトソックス戦でのこと。前日デビューしたばかりのウェイド、この日メジャー初昇格→即先発となったアンドゥハーがそれぞれメジャー初安打&初打点、超大型新人ジャッジが27号2ランを放つなど9安打12得点を挙げ、エース右腕に51日ぶりの勝利を送った。

日本人最高は…衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 怪我人続きのヤンキースに新たなヒーローが誕生した。

 27日(同28日)には二塁カストロが右太もも裏を痛めて故障者リスト(DL)入り。この日は一塁兼DHのホリデーがウイルス感染でDL入りと、主力を立て続けに2人も失った。

 だが、この日昇格したばかりのアンドゥハーが初回2死満塁で回ってきたメジャー初打席で左中間へ先制2点タイムリーを放つと、ウェイドも6回にメジャー初安打&初打点で続いた。さらに、超新人ジャッジがリーグ首位を独走する27号2ランでとどめ。若武者打線の底力を見せた。田中はこれで6勝目(7敗)をマーク。

27号ジャッジも新星称賛「まるでベテランみたい」

 試合後、ジャッジは自らの27号は棚に上げ、デビュー戦で3安打4打点を挙げたアンドゥハーを絶賛。「メジャー初打席が満塁の場面でやってきて、まるでベテランみたいな振る舞いだった。経験したことがあるかのよう。見ていて楽しかったよ」と笑顔を弾けさせた。

「初打席は少し緊張した」とは言うものの、デビュー戦を最高の形で終えたアンドゥハーは「なんてアメージングな日だったんだ」と興奮を抑えきれない様子。「今日という日を絶対に忘れない。ここで勝利に貢献できたことが、本当に幸せだよ」と声を弾ませた。

 ここ数年ベテラン選手を放出して若手有望株の獲得に励んだヤンキース。故障者多発という逆境の中で、早くもその効果が表れ始めたようだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6/29(木) 19:59
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/20(日) 21:05