ここから本文です

川嶋勇人が京都から三遠へ移籍「チームの目標である優勝を」

6/29(木) 16:26配信

バスケットボールキング

 三遠ネオフェニックスは6月29日、川嶋勇人との選手契約締結を発表した。

 主にポイントガードを務める川嶋は、関西学院大学卒業後の2013年に日立サンロッカーズ東京(現サンロッカーズ渋谷)へ入団。今季の開幕前に地元クラブの京都ハンナリーズへ移籍し、60試合の出場で465得点(1試合平均7.8得点)118アシスト(同1.9アシスト)62スティール(同1スティール)を挙げた。しかし、5月30日にBリーグの自由交渉選手リストへ公示された。

 移籍先が決まった川嶋は、クラブの公式HPで「素晴らしい環境で自分を磨き、チームを勝利に導ける選手になりたいと思います。そして、チームの目標である『優勝』を、皆さんと一緒に達成したいと思います」と意気込みを語った。

 なお、三遠は29日時点で、岡田慎吾、鈴木達也、田渡修人、鹿野洵生、大口真洋、太田敦也との契約合意を発表している。

BASKETBALL KING