ここから本文です

秋田がビッグマン谷口大智との契約を継続「1年でB1に戻る目標は通過点」

6/29(木) 18:58配信

バスケットボールキング

 秋田ノーザンハピネッツは6月29日、谷口大智との2017-18シーズン選手契約が合意に達したことを発表した。

 27歳の谷口は201センチ105キロのセンター兼フォワード。洛南高校卒業後の2009年、第2回スラムダンク奨学生としてアメリカのサウスケントスクールに入学すると、その後はアリゾナウエスタン大学を経て、サウスイースタンオクラホマ州立大学に編入した。大学卒業後は、bjリーグ最終シーズンの2015年に秋田へ加入。プロ2年目を迎えた今季は、先発37試合を含む58試合に出場し、312得点(1試合平均5.4得点)142リバウンド(同2.4リバウンド)を記録した。また、12月には日本代表候補に初めて選出され、重点強化合宿に参加した。

 来季で在籍3シーズン目を迎える谷口は、クラブの公式HPで「この1年でB1に戻る目標は通過点だと思っています」とコメント。「B1に戻ってからもしっかり戦えるように、そして自分自身また代表候補にも関わっていけるようになる事を目標に、この1年間を過ごしたいと思います」と意欲を示し、「今後ともチームとしても個人としても成長する姿を見守っていてください」とブースターに呼びかけた。

 なお、秋田は29日時点で、田口成浩、白濱僚祐、中山拓哉、水町亮介、レオ・ライオンズの残留を発表している。

BASKETBALL KING