ここから本文です

ものづくりに理解深める 県西部で「大人の社会見学」

6/29(木) 18:41配信

北日本新聞

 北日本新聞社のバスツアー「大人の社会見学」が29日行われ、参加者66人が高岡、射水、氷見の県西部3市にある企業や観光施設を巡り、見聞を広めた。

 能作(高岡市)では4月にオープンしたばかりの新社屋を見学。溶けた金属を型に流し込む鋳造場や、真ちゅうやスズ製品を研磨する仕上げ場を見て回り、職人の手業が光る高岡銅器のものづくりに理解を深めた。オダケホーム(射水市)ではコンピューター制御による木材加工について説明を受けた。

 県民公園太閤山ランド(同)にも立ち寄り、アジサイが咲き誇る園内を散策。ミュゼふくおかカメラ館(高岡市)では世界遺産をテーマにした写真展を鑑賞した。ひみ番屋街(氷見市)も訪れ、海辺の景色を眺めながら食事を楽しんだ。

北日本新聞社

最終更新:6/29(木) 18:52
北日本新聞