ここから本文です

その手口ご用心! 警官装いカードだましとられ、女性が十数万円被害 沖縄で4月以降3件目

6/29(木) 8:35配信

沖縄タイムス

 沖縄県警宜野湾署は28日、警察官などを名乗る男の電話を受けた宜野湾市の70代女性が、現金十数万円をだまし取られたと発表した。県警によると被害者はキャッシュカード2枚を取られ、口座の預金を引き出されたという。県警はカードをだまし取るのは「県内では見られなかった手口」として、注意を呼び掛けている。

 同署によると26日午後、警察官を名乗る男から被害者宅に「口座から現金が引き出されている」「キャッシュカードを封筒に入れて保管して」などと電話があり、カードの暗証番号を聞き出された。

 約1時間後、別の男が被害者宅を訪問。男は「封筒に印鑑を押す」と言って女性から封筒を受け取り、カード2枚を抜き取った後、別のカードを入れて返却。女性は男に「封筒に入れて保管して」と指示されたという。不審に思った女性が同署に相談し、事件が発覚。だまし取られたカードの口座から、現金計十数万円が引き出されていたという。

 警察や金融庁職員などを名乗る詐欺の県内の被害は、4月以降で3件目。県警は「電話で暗証番号を聞き出すのは詐欺」と指摘し、「不審な電話には冷静に対応し、すぐに警察や行政に相談して」と注意喚起している。

最終更新:6/29(木) 11:25
沖縄タイムス