ここから本文です

農水産物の生産地巡る 金沢や首都圏の料理人

6/29(木) 1:50配信

北國新聞社

 七尾市内の農水産物の生産現場を巡るツアー「サードキッチンプロジェクト」は28日、市内で行われ、金沢や首都圏の料理人17人が里山里海の幸を味わい、生産者との交流を深めた。地域活性化に向けてキリングループが進める「キリン絆プロジェクト」が支援し、3回目の実施となった。

 七尾市の若手漁師や農家らでつくる団体「能登F―Fネットワーク」の案内で、七尾市鵜浦町の鹿渡(かど)島(しま)定置や同市能登島半浦町で能登野菜をつくる能登風土を訪れ、アジとフクラギの刺し身や赤土で育てたジャガイモを試食した。

 ツアーは、後継者が不足している能登の第一次産業を支える若者の活動や思いを知ってもらおうと昨年7月に始まった。これまで1泊2日で実施していたが、参加者の要望で初めて日帰りで行った。

北國新聞社

最終更新:6/29(木) 1:50
北國新聞社