ここから本文です

県内空梅雨 卯辰山花菖蒲園、連日の水まき

6/29(木) 1:55配信

北國新聞社

 石川県内は21日の梅雨入り後も雨の少ない状態が続いている。金沢市の今月1~27日の降水量は計61・5ミリで、6月1カ月の平年値の3分の1にとどまる。

 まとまった雨があまり降らず、金沢市の卯辰山花菖蒲園では連日、午前5時と午後7時の2回、スプリンクラーが稼働している。

 園内には100品種約20万本が植えられ、淡い紫色の花々で彩られている。見頃は今月いっぱいだが、成長を促すため、9月下旬まで散水は続けられる。金沢市緑と花の課の担当者は「今年は雨が少ないので小まめな水やりを心掛けたい」と話した。

 28日の県内は高気圧に覆われておおむね晴れた。最高気温は金沢28・4度で最も高く、小松27・9度、七尾26・3度と多くの地点で7月上旬から中旬並みとなった。

北國新聞社

最終更新:6/29(木) 1:55
北國新聞社