ここから本文です

京都、吉野が天皇杯で差別的発言…3試合出場停止と罰金、減俸等の処分

6/29(木) 22:42配信

SOCCER KING

 京都サンガF.C.は29日、DF吉野恭平が21日に開催された天皇杯2回戦アスルクラロ沼津戦にて相手選手に対して差別的な発言を行い、同大会規律委員会より以下の処分を科されることとなったと発表した。

 京都の発表によると、吉野は日本サッカー協会(JFA)競技及び競技会における懲罰基準により、懲罰基準3-5(1)「差別―人種、肌の色、性別、言語、宗教、又は出自等に関する差別的あるいは侮辱的な発言又は行為により、個人あるいは団体の尊厳を害した場合」に該当すると判断された。

 吉野に科された処分は下記3試合の出場停止ならびに罰金15万円。

・2017年7月1日(土)2017明治安田生命J2リーグ第21節 ザスパクサツ群馬戦
・2017年7月9日(日)2017明治安田生命J2リーグ第22節 FC岐阜戦
・2017年7月16日(日)2017明治安田生命J2リーグ第23節 徳島ヴォルティス戦

 さらに京都は、「クラブといたしましても、本事象を大変重く受け止め、吉野選手本人の減給、および社会奉仕活動への参加を命じたほか、再発防止に向け、選手およびチームスタッフ、クラブスタッフ全職員の教育を行い信頼回復に努めてまいります」と、同選手に処分を科したことを発表し、以下のように記している。

「この度は、当事者はもちろんのことアスルクラロ沼津の選手、関係者の皆さまの心を深く傷つけてしまいましたことを深くお詫び申し上げます」

SOCCER KING

最終更新:6/29(木) 22:42
SOCCER KING