ここから本文です

浅川財務官が異例の3年目に、為替政策で積極発信-政府関係者

6/29(木) 16:50配信

Bloomberg

政府は、財務省の人事異動で、為替政策を所管する浅川雅嗣財務官を留任させる方針だ。複数の政府関係者が明らかにした。

浅川氏は2015年7月に財務官に就任しており、3年目に入る。財務官は1ー2年での交代が多く、3年連続は04年に就任した渡辺博史元財務官(現・国際通貨研究所理事長)以来。黒田東彦日本銀行総裁も1999年から4年近く財務官を務めた。

情報を明らかにする立場にないとして、複数の政府関係者が匿名で述べた。浅川氏の留任は共同通信が29日付で報じている。

浅川氏は、為替政策を巡って積極的に発信しており、1月末にトランプ米大統領が日本は「通貨安誘導をしている」と発言して円高が進んだ際は、「為替相場はマーケットで動いている」と反論した。日本銀行や金融庁との3者会合や日米経済対話の調整作業も担当している。

浅川氏は1981年に旧大蔵省入省。大臣官房総括審議官や国際局長を経て、財務官に就任した。2008年に発足した麻生太郎政権下では首相秘書官も務めた。

Maiko Takahashi

最終更新:6/29(木) 16:50
Bloomberg