ここから本文です

質屋アプリ「CASH」が査定停止--「想像をはるかに超えたサービス利用」のため

6/29(木) 12:35配信

CNET Japan

 マイクロファイナンスサービスを展開するバンクは6月29日、28日にローンチした質屋アプリ「CASH」の査定を停止したと発表した。

 同アプリは、ガジェット類やアパレル商品などの写真を撮影するだけで査定額を表示。「キャッシュにする」をタップするだけで、査定額がアプリ内のウォレットに記録され、コンビニ受取か銀行振込を選ぶだけで現金を入手できるという質屋の機能を有している。キャッシュ化した商品は、2カ月以内に送付する必要があるが、期間内であれば手数料15%を上乗せすることで、キャンセルすることも可能だ。

 査定を停止した理由として、「想像を遥かに超えたサービス利用」があったためとしている。同社では、ローンチした28日だけでキャッシュ化された回数が7万2796回、キャッシュ化の総額が3億6629万3200円、集荷依頼を受けたアイテムは7512点に上るという。「現実的には毎日7000点以上のアイテムを利用者より受け取り処理したり、毎日3億5000万円以上のキャッシュを供給する体制や規模が整っておらず、致し方なく、サービスの利用を一時的に停止するに至った」としている。

 同社では、運営体制が整うまでサービスを一時停止するとのことだが、キャッシュの引き出しを含め、査定以外の機能については利用可能としている。

最終更新:6/29(木) 12:35
CNET Japan